業務委託契約書の達人

業務委託契約書の解説、作成支援、リーガルチェック等の情報を発信しています。

運営:小山内行政書士事務所

著者:小山内行政書士事務所代表・小山内怜治

フリーランス保護法の適用対象とは?事業者・取引(業務委託)や下請法との違いについて解説

フリーランス保護法では、誰が適用対象となるのでしょうか?また、どのような取引が適用対象となるのでしょうか? フリーランス保護法では、従業員がいないフリーランス(個人事業者)や一人法人が保護対象となり、これらに対する発注事 […]

フリーランス保護法の施行日は?いつから適用?施行前の契約にも適用される?

  フリーランス保護法(フリーランス新法)の施行日はいつでしょうか? フリーランス保護法(フリーランス新法)の施行日は、2024年(令和6年)11月1日です。なお、この施行日以前に締結した業務委託契約であっても […]

収入印紙の消印(≠割印)はいつ押す?契約書作成時の注意点について解説

契約書を作成した際、いつ収入印紙の消印を押すのでしょうか? 契約書に収入印紙を貼る場合、消印を押印する時期は、通常は、契約書に当事者すべての署名、記名押印等をした時点です。 このページでは、主に事業者向けに、契約書に貼る […]

フリーランス保護法の三条通知とは?三条書面(下請法)との違いについても解説

このページでは、フリーランス保護法が適用される取引の発注事業者とフリーランスに向けて、フリーランス保護法第3条に規定されている通知(以下、「三条通知」といいます)について解説しています。 フリーランス保護法における「三条 […]

契約書の収入印紙の消印(≠割印)はどちらものが必要?

契約書に収入印紙を貼る場合、消印はどちらのものが必要なのでしょうか。 契約書に貼った収入印紙には、契約当事者のどちらか一方による消印で足ります。なお、契約当事者双方の消印は必要ありません。 このページでは、契約当事者の双 […]

営業日とは?契約書における意味・定義や書き方について解説

契約書の「営業日」とは、どのような意味でしょうか? 「営業日」は、法律上も契約実務上も明確な定義がありません。このため、契約書において営業日の定義を規定しないと、トラブルの元になります。 このページでは、主に事業者向けに […]

工事請負契約書の収入印紙への消印(≠割印)は双方のものが必要?不要?

建設工事請負契約書には収入印紙を貼る必要がありますが、この収入印紙への消印は、契約当事者の双方のものが必要なのでしょうか。 契約書に貼られた収入印紙には、契約当事者の片方だけが消印を押印すれば足りるものであり、双方の消印 […]

スキルシートの提出はSES契約や業務委託契約では違法?偽装請負?

SES契約において、委託者が受託者に対しスキルシートの提出を求めることは違法でしょうか? 受託者がフリーランスエンジニア・個人事業者の場合は、SES契約の締結前にスキルシートの提出を求めたとしても、違法にはなりません。他 […]

「◯◯に著作権は帰属します」の書き方は間違い?意味や正しい例文は?

著作権が発生する契約書で「◯◯に著作権は帰属します」という書き方は、どのような意味になるのでしょうか? 契約書における「◯◯に著作権は帰属します」という書き方は、著作権者が誰であるかを明示するための規定であり、一般的には […]

三条書面(下請法・フリーランス保護法)と注文書・発注書の違いとは?

下請法の三条書面と注文書・発注書の違いは何でしょうか? 三条書面は、下請法第3条にもとづき親事業者が下請事業者に対し「交付」しなければならない書面です。これに対し、注文書・発注書は、注文者(委託者)から受注者(受託者)に […]