業務委託契約書の達人

業務委託契約書の解説、作成支援、リーガルチェック等の情報を発信しています。

運営:小山内行政書士事務所

「よくある質問」の記事一覧

面接・面談は偽装請負?違法?禁止?業務委託契約(請負契約・準委任契約)の場合は?

業務委託契約では、委託者が実際に業務を担当する受託者の労働者と面接・面談をすることは、違法・禁止ですか? 業務委託契約において、委託者が業務に従事する受託者の労働者と面接・面談をすることにより、その労働者の採用・選考等を […]

建設工事下請基本契約書の印紙(印紙税・収入印紙)は4,000円?不課税となる場合は?

建設工事下請基本契約書には収入印紙が必要なのでしょうか?また、必要な場合は、印紙税の金額はいくらでしょうか? 建設工事下請基本契約書は、契約形態が請負契約の場合は課税文書に該当しますので、収入印紙を貼る必要があります。ま […]

一人請負・一人準委任・一人常駐は違法?偽装請負?適法なケースは? 

作業者が1人で取引先・客先に常駐するSES(システムエンジニアリングサービス)契約等の業務委託契約は偽装請負となり、労働者派遣法違反となるのでしょうか? 作業者が1人で取引先・客先に常駐する業務委託契約は、一人常駐である […]

業務委託契約(請負契約・準委任契約)の交通費は委託者・受託者どちらが負担する?

業務委託契約の交通費は、委託者と受託者のどちらが負担するのでしょうか? 業務委託契約の交通費は、原則として、請負型の場合は受託者の負担、準委任型の場合は委託者の負担です。このため、特に準委任型で交通費を受託者の負担とした […]

納入と納品の違いとは?それぞれの定義や給付についても解説

納入と納品の違いは何でしょうか?また、給付とはどのような意味でしょうか? 納入は、有体物である物品や無体物である知的財産を引き渡すことで、金銭を支払う意味で使われることもありますです。 納品は、何からの物=物品、つまり有 […]

準委任と再委託の違いは何ですか?

準委任と再委託の違いは何ですか? 準委任は、委任者が受任者に対し法律行為でない事務の実施を委託することを意味します。これに対し、再委託とは、一般的に、ある委託者から業務を委託を受けた受託者が、第三者である事業者に対し、さ […]

請負と再委託の違いとは何ですか?

請負と再委託の違いは何ですか? 請負は、注文者が仕事の完成を注文することを意味します。これに対し、再委託とは、一般的に、ある委託者から業務を委託を受けた受託者が、第三者である事業者に対し、さらに(再度の)委託することを意 […]

再委託と下請けの違いとは何ですか?

再委託と下請けの違いは何ですか? 一般的に、再委託とは、ある注文者から業務を委託を受けた受託者が、第三者である事業者に対し、さらに(再度の)委託することを意味します。これに対し、下請けは、ある委託者から仕事を請負った請負 […]

履行場所と納入場所の違いとは何ですか?

履行場所と納入場所にはどのような違いがあるのでしょうか? 履行場所と納入場所の違いは、履行場所が債務全般に使える表現であるのに対し、納入場所は債務が納入である場合にしか使えない表現であることです。 履行場所は、債務者が債 […]

契約と受注の違いとは何ですか?

契約と受注の違いとは何ですか? 契約とは、2名の契約当事者による、権利と義務を発生させる約束のことです。 受注とは、契約の発注を引き受ける(請ける)ことです。 このため、契約と受注の違いは、契約は約束そのものであり、受注 […]