当社は、本業の契約書として、「○○業務委託契約書」というタイトルの契約書を使用しています。契約内容は、○○のような内容です。
この契約書には、収入印紙を貼る必要があるのでしょうか?
また、収入印紙を貼る必要があるとすれば、いくらの金額の収入印紙を貼るのでしょうか
業務委託契約書に収入印紙を貼る必要があるかどうかは、契約内容次第ですので、一概に収入印紙を貼る必要があるとは言えません。
契約内容が、民法上の請負契約、一部の例外的な(準)委任契約、売買契約、知的財産権の譲渡の契約に該当する業務委託契約書である場合は、収入印紙を貼る必要があります。これら以外については、収入印紙を貼る必要はありません。
金額につきましては、契約内容と報酬・料金・委託料の両方次第です。

こんにちは。契約書作成専門・小山内行政書士事務所代表の小山内です。

このページでは、当事務所によく寄せられるご質問である、業務委託契約書に貼る収入印紙と印紙税の金額について、簡単にわかりやすく解説します。

業務委託契約書には、収入印紙を貼る必要があるもの(=課税文書)と、収入印紙を貼る必要がないもの(=不課税文書)があります。

これは、そもそも業務委託契約書の契約内容が、課税文書となる契約内容なのか、そうでないのかによって、判断が分かれます。

また、課税文書に該当する場合は、どの課税文書に該当するかと、料金・報酬・委託料(=契約金額)によって、印紙税額も変わってきます。

ですから、業務委託契約書に収入印紙を貼る必要があるのか、そして印紙税額がいくらなのかは、業務委託契約書の契約内容が、民法上のどの契約に該当するのかの判断が重要となります。

スポンサードリンク

収入印紙を貼る必要がある業務委託契約書とは?

「課税物件」に該当すると収入印紙を貼る必要がある

業務委託契約書に収入印紙を貼る必要があるかどうかは、契約内容次第です。また、金額も、契約内容次第です。

契約書が印紙税法上の課税文書に該当するかどうかは、原則として、その契約書が印紙税法別表第一(課税物件表)に掲げられている20種類の文書に該当するかどうかによって判断されます(ただし、例外あり。印紙税法基本通達第2条)。

印紙税法第2条(課税物件)

別表第1の課税物件の欄に掲げる文書には、この法律により、印紙税を課する。

このため、業務委託契約書の内容が、この課税物件表に掲げられている文書に該当するかどうかが問題となります。

なお、「課税物件」に該当しない業務委託契約書には、収入印紙を貼る必要はありません。

はじめに業務委託契約書の契約内容を「同定する」必要がある

そこで、業務委託契約書が課税文書に該当するかどうかを判断する際、最初にする作業があります。

その作業とは、業務委託契約書の契約内容が、民法上のどの契約に該当するのか特定する作業です。

つまり、業務委託契約書の契約内容を「同定」する作業です。

なお、一般的な業務委託契約書であれば、以下の7つのパターンのいずれかに該当します。

典型的な業務委託契約の7つのパターン

  1. 請負契約型の業務委託契約
  2. 委任契約・準委任契約型の業務委託契約
  3. 寄託契約型の業務委託契約
  4. 組合契約型の業務委託契約
  5. 実は雇用契約・労働契約である業務委託契約
  6. 実は労働者派遣契約である業務委託契約(偽造請負)
  7. 売買契約・譲渡契約が含まれる業務委託契約

これらの業務委託契約の7つのパターンにつきまして、以下のページにまとめていますので、ご覧ください。

業務委託契約の7つのパターン―請負・委任・偽装請負・雇用・売買(譲渡)・寄託・組合

一般的な業務委託契約書は1号文書・2号文書・7号文書か不課税文書

典型的な業務委託契約書の印紙税とは?

上記の7つの業務委託契約のパターンのうち、適法な業務委託契約は、請負・(準)委任・寄託・組合・売買(譲渡)のいずれかの契約です。

これらの契約書が課税文書かどうかは、次のとおりです。

請負型の業務委託契約書 1号文書・2号文書・7号文書のいずれか。
(準)委任型の業務委託契約書 原則として不課税文書。
ただし、例外として7号文書に該当する場合もある。
寄託型の業務委託契約書・組合型の業務委託契約書 原則として不課税文書。
売買(譲渡)契約が含まれる業務委託契約書 知的財産権の売買・譲渡がある場合は1号文書。

1号文書・2号文書・7号文書に該当する業務委託契約書とは?

ここでいう1号文書、2号文書、7号文書とは、それぞれ印紙税法別表第一の第1号、第2号、第7号に規定された文書です。

業務委託契約書としては、例えば、次のような契約書が該当します。

1号文書 業務委託契約書が「…無体財産権…の譲渡に関する契約書」と「運送に関する契約書」の場合は1号文書に該当する。
2号文書 業務委託契約書が「請負に関する契約書」の場合は2号文書に該当する。
7号文書 業務委託契約書が「継続的取引きの基本となる契約」の場合は7号文書に該当する。

業務委託契約がどの契約に該当するかわからない場合はどうしたらいい?

ちなみに、業務委託契約が、上記の7つのパターンのいずれに該当するか判断が出来ない場合は、すぐに専門家の意見を聞きながら、業務委託契約書を作り直してください。

これらの典型的な業務委託契約書の7つのパターンのうち、どれに該当するかもハッキリしないのであれば、いざというときに、契約書として機能しないリスクがあります。

このため、業務委託契約書がどの契約に該当するのかわからないのであれば、収入印紙がどうこうと悩んでいる場合ではありません。

根本的な問題として、その業務委託契約が何なのか、そしてその業務委託契約をどんな契約にしたいのかを、専門家を交えて、再度検討するべきです。

ポイント

  • 収入印紙を貼る必要がある業務委託契約書は、課税文書に該当するものだけ。
  • 収入印紙を貼る必要がある業務委託契約書かどうかを判断するには、まずその業務委託契約が何の契約なのかを「同定」する。
  • 業務委託契約書は、1号文書、2号文書、7号文書のいずれか、または不課税文書に該当する。
  • 「業務委託契約が何の契約に該当するかわからない」のであれば、収入印紙以前の問題として、契約内容を見直して、再度検討する。

収入印紙が必要な業務委託契約書その1:請負型の業務委託契約書

請負型の業務委託契約書の収入印紙は5パターン

業務委託契約書の内容が請負契約である場合は、課税文書に該当しますので、収入印紙を貼る必要があります。

具体的には、以下の5パターンのいずれかの課税文書に該当します。

2号文書 請負に関する契約書(別表第一第2号)。
2号文書
(軽減措置対象)
建設工事請負契約書(別表第一第2号)
1号文書 運送に関する契約書(別表第一第1号)
1号文書 …無体財産権(※)…の譲渡に関する契約書(別表第一第1号)。
7号文書 継続的取引きの基本となる契約書(別表第一第7号)。

※無体財産権とは、特許権、実用新案権、商標権、意匠権、回路配置利用権、育成者権、商号および著作権をいいます。

請負型の業務委託契約書は1号文書・2号文書・7号文書のいずれか

請負契約書がこのうちのどの課税文書に該当するかは、契約内容によります。

具体的には、スポットの契約書であれば、2号文書(運送請負契約は1号文書)、継続的取引きの基本となる、いわゆる取引基本契約書であれば、7号文書に該当します。

また、知的財産権の譲渡(売買)が請負契約の内容にある場合は、2号文書に該当し、かつ、1号文書にも該当します。

印紙税額は、7号文書に該当する場合は4,000円、1号文書・2号文書に該当する場合は報酬・料金・委託料に応じた金額の収入印紙が必要となります。

この点につきましては、詳しくは、以下のページをご覧ください。

請負契約書にはいくらの収入印紙を貼るの?印紙税はいくら?

ポイント

請負型の業務委託契約書は1号文書・2号文書・7号文書のいずれかに該当する。このどの課税文書に該当するかは契約内容次第。

収入印紙が必要な業務委託契約書その2:一部の(準)委任型の業務委託契約書

(準)委任契約は、原則としては収入印紙を貼る必要がありません。

ただし、例外として、その(準)委任契約書が、7号文書や1号文書に該当する場合があります。

具体的には、以下のとおりです。

課税文書に該当する業務委託契約書の具体例

  • 【7号文書】物品の売買の委託等に関する業務委託契約書は(準)委任契約であっても7号文書。
  • 【1号文書】著作権の譲渡があるソフトウェア・プログラム・システム・アプリ開発業務委託契約書やシステムエンジニアリング契約書(SES契約書)は1号文書

7号文書に該当する場合は4,000円、1号文書に該当する場合は報酬・料金・委託料に応じた金額の収入印紙が必要となります。

この点につきましては、詳しくは、以下のページをご覧ください。

(準)委任契約書にはいくらの収入印紙を貼るの?印紙税はいくら?

ポイント

(準)委任型の業務委託契約書は、不課税文書。ただし、例外として、7号文書か1号文書に該当する場合もある。

収入印紙が必要な業務委託契約書その3:個別契約書・注文請書

個別契約書も課税文書

なお、7号文書がいわゆる「取引基本契約書」であり、これとは別に「個別契約書」や「注文請書」がある場合は、個別契約書や注文請書についても課税文書に該当するかどうかが判断されます。

個別契約書とは、個々の個別契約について規定した契約書のことです。

多くの場合は、一般的な契約書と同じように、契約当事者の両者が署名して、2部作成し、双方が1部づつ保有します。

個別契約書は、スポットの契約書と同様に、1号文書(売買型の業務委託契約書の場合)・2号文書(請負型の業務委託契約書の場合)に該当します。

注文請書だけが課税文書

また、注文書・注文請書で個別契約を締結している場合は、注文請書が1号文書(同上)・2号文書(同上)に該当します。

よく誤解されがちですが、原則として、注文書は課税文書ではありません。

ですから、収入印紙を貼る必要があるのは、注文請書だけです。

ただし、例外として、個別契約が注文書だけで自動的に成立する場合は、注文書であっても、課税文書となります(後で解説します)。

ポイント

  • 個別契約書・注文請書はスポットの契約書と同様に、1号文書、2号文書のいずれか、または両方。
  • 注文書は、原則として課税文書とはならない。よって、収入印紙を貼る必要もない。

収入印紙が必要な業務委託契約書その4:知的財産権(無体財産権)の売買契約・譲渡契約が含まれる業務委託契約書

一部の業務委託契約書のなかには、知的財産権の売買(譲渡)が規定されているものがあります。

具体的には、著作権の譲渡があるソフトウェア・プログラム・システム・アプリ開発業務委託契約書、グラフィックデザイン作成業務委託契約書、ライティング業務委託契約書などが該当します。

このような契約書の場合、「…無体財産権…の譲渡に関する契約書」として、1号文書に該当します。

特に、請負型の業務委託契約書の場合、2号文書であり、かつ1号文書でもある、という契約書になります。

この点につきましては、詳しくは、以下のページをご覧ください。

請負契約書にはいくらの収入印紙を貼るの?印紙税はいくら?

ポイント

著作権が発生する業務委託契約書では、1号文書にも該当する。

業務委託契約書でありがちな収入印紙・印紙税の7つの誤解

【誤解1】(準)委任契約書に収入印紙を貼っている

(準)委任契約は、別表第1の課税物件には規定がありません。

ですから、原則として、(準)委任契約書・(準)委任型の業務委託契約書には、収入印紙を貼る必要はありません。

ただし、「売買の委託」や「売買の業務」を継続して委託する(準)委任契約・(準)委任型の業務委託契約書は、7号文書に該当します。

このような契約内容の場合は、4,000円の収入印紙を貼る必要があります。

この点につきましては、詳しくは、以下のページをご覧ください。

(準)委任契約書にはいくらの収入印紙を貼るの?印紙税はいくら?

【誤解2】注文書に収入印紙を貼っている

原則として注文書には収入印紙は貼らなくてもいい

継続的な取引きの際に、取引基本契約書を取交し、個別の受発注については、注文書・注文請書を使うことがあります。

この際、注文書にも収入印紙を貼っていることがありますが、実は、注文書には収入印紙を貼る必要がありません。

収入印紙を貼らなければならないのは、注文請書だけです。

注文書には収入印紙は不要

課税文書になるのは注文請書だけ。注文書は課税文書とはならないため、収入印紙を貼る必要はない。

課税文書としての契約書は、あくまで「契約(その予約を含みます。以下同じ。)の成立若しくは更改又は契約の内容の変更若しくは補充の事実(以下「契約の成立等」といいます。)を証すべき文書」のことです。

参照:No.7117 契約書の意義|国税庁

これに対し、「契約の申込み事実を証明する目的で作成される単なる申込書、注文書、依頼書等(以下「申込書等」という。)は、通常、課税対象にはなりません。」

参照:No.7118 申込書、注文書、依頼書等と表示された文書の取扱い|国税庁

個別契約が完全自動成立の場合は収入印紙が必要

もっとも、注文書を送付しただけで自動的に契約が成立する手続きとした場合、その発注書は、課税文書となります。

[平成29年4月1日現在法令等]

(途中省略)次に掲げるものは、一般的に契約書に該当するものとして取り扱われています。

(1)契約当事者の間の基本契約書、規約又は約款等に基づく申込みであることが記載されていて、一方の申込みにより自動的に契約が成立することとなっている場合における当該申込書等。ただし、契約の相手方当事者が別に請書等契約の成立を証明する文書を作成することが記載されているものは除かれます。

(2)(以下省略)

このため、注文書の送付により完全に自動的に契約が成立する手続きでは、印紙税の節約のメリットはありません。

【誤解3】とりあえず4,000円の収入印紙を貼っている

非常によくありがちな話ですが、長期的・継続的な契約書であれば、何でも7号文書に該当すると判断して、とりあえず4,000円の収入印紙を貼っていることがあります。

ところが、7号文書に該当するかどうかの判断は、意外と難しく、単に長期的・継続的な契約書だからといって、必ずしも7号文書に該当するとは限りません。

例えば、準委任型のソフトウェア・プログラム・システム・アプリ開発業務委託契約書やシステムエンジニアリング契約(SES)契約の場合は、7号文書に該当しません。

このため、原則としては、収入印紙を貼る必要がありません。

4,000円の収入印紙が不要な場合

原則として、準委任の業務委託契約書は7号文書に該当せず、4,000円の収入印紙は不要。ただし、物品の売買の委託等に関する業務委託契約書は(準)委任型であっても7号文書該当する。

なお、著作権などの知的財産権の譲渡が発生する場合は、報酬・料金・委託料の書き方によっては、1号文書に該当することもあります。

この場合は、4,000円より多い収入印紙を貼る必要がある可能性もあります。

【誤解4】とりあえず200円の収入印紙を貼っている

請負契約書は2号文書だけとは限らない

スポットの請負契約でありがちですが、金額が少ない請負契約書に、とりあえず200円の収入印紙を貼っていることがあります。

請負契約書は、2号文書に該当します。

ですから、報酬・料金・委託料が小規模(1万円から100万円以下)の、よくありがちな請負契約書では、200円を貼ればいいようにも思われます。

ところが、こうした請負契約書のなかには、知的財産権の譲渡が含まれる場合もあります。

例えば、イラスト作成請負契約書、グラフィックデザイン作成請負契約書、ライティング請負契約書などがあります。

請負契約書は1号文書かつ2号文書の場合もありうる

こうした契約書は、2号文書であると同時に、1号文書でもあります。

ですから、例えば、報酬・料金・委託料が15万円(消費税税別)で、特に請負の報酬と知的財産権の譲渡対価が区別されて記載されていない場合は、この請負契約書は、1号文書として扱われます。

この場合、収入印紙は200円ではなく400円のものを貼る必要があります。

逆に、例えば、請負の報酬が8万円(消費税別)、知的財産権の譲渡対価が7万円(消費税別)と区別して記載されている場合は、この請負契約書は、2号文書として扱われます。

この場合、収入印紙は200円で済みます。

この点につきましては、詳しくは、以下のページをご覧ください。

請負契約書にはいくらの収入印紙を貼るの?印紙税はいくら?

【誤解5】知的財産権の譲渡があるのに1号文書に該当するという認識がない

このような誤解が生じるのは、請負契約書=2号文書という感覚が強すぎる、という問題があります。

それ以上に、知的財産権(無体財産権)の譲渡に関する契約が1号文書に該当するという認識が、そもそもない、という問題もあります。

すでに触れましたが、無体財産権とは、特許権、実用新案権、商標権、意匠権、回路配置利用権、育成者権、商号および著作権をいいます(営業秘密は含まれません)。

このうち、特に情報を扱う業務委託契約書では、著作権の譲渡が必ずと言っていいほど規定されています。

このような場合は、常に1号文書に該当する可能性を考慮して業務委託契約書を作成します。

【誤解6】「成果物がある=請負契約書=2号文書・7号文書」と思っている

これもよくありがちな誤解ですが、成果物があるかどうかは、その契約が請負契約かその他の契約かとは関係ありません。

請負契約は、「仕事の完成」と目的とした契約です。

請負契約とは?―請負型の業務委託契約のポイント・当事者の権利義務を解説

確かに、この「仕事」の定型的な例としては、一定の成果物があります。

ただ、成果物が発生しない請負契約も存在します。

例えば、運送請負契約や、清掃業務請負契約などがあります。

ですから、契約内容で成果物が発生しないからといって、「請負契約書ではない=収入印紙がいらない」と決めつけてはいけません。

【誤解7】契約書のコピー・写し・副本・謄本等には収入印紙を貼る必要がないと思っている

契約書のコピー(写し)は、そのままの状態であれば、収入印紙を貼る必要はありません。

ただし、次のように、契約の成立の証明となるようなコピー・写し・副本・謄本等には、収入印紙を貼る必要があります。

収入印紙を貼る必要のある契約書のコピー

次のような契約書は、コピー・写しであっても、収入印紙を貼る必要があります。

  • (1)契約当事者の双方又は文書の所持者以外の一方の署名又は押印があるもの
  • (2) 正本などと相違ないこと、又は写し、副本、謄本等であることなどの契約当事者の証明のあるもの

参考:No.7120 契約書を複数作成した場合の課税関係|国税庁

ポイント

業務委託契約書が課税文書に該当するかどうか、また、印紙税の金額の計算は非常に複雑で誤解が多い。

【補足1】必要な収入印紙を貼っていない場合はどうなる?契約は無効?過怠税は?

収入印紙が貼られていなくても契約は無効にはならない

業務委託契約書が課税文書に該当するにもかかわらず、収入印紙を貼っていない場合、どうなるのでしょうか?

まず、契約が有効か無効かということですが、仮に必要な収入印紙が貼られていなくても、そのことで、契約は無効になりません。

収入印紙を貼っていないことは、税法上問題となるだけであって、民事上の契約内容の判断には、なんら影響を与えません。

ですから、契約自体は、有効といえます(他の理由で無効になる可能性はありますが)。

収入印紙を貼らずに税務調査で発覚したら3倍の負担(印紙税+2倍の過怠税)

次に、印紙税法上の問題ですが、税務調査で業務委託契約書に貼る必要がある収入印紙が貼られていないことが発覚した場合、本来必要な印紙税に加えて、その2倍の金額の過怠税を負担しなければなりません(印紙税法第20条第1項)。

ただし、一定の条件のもとで、税務署長に対して自己申告した場合は、この過怠税は、印紙税の10%まで減額されます(同第2項)。

また、収入印紙を貼っているにもかかわらず、消印を押していない場合は、本来必要な税額に加えて、同額の過怠税を負担しなければなりません(同第3項)。

なお、この過怠税は、必要経費に算入できませんので、ご注意ください。

参考:No.7131 過怠税について|国税庁

ポイント

  • 業務委託契約書に収入印紙が貼られていなくても、その契約は無効にはならない。
  • 収入印紙が貼られてないことが税務調査で発覚した場合は、本来の印紙税に加えて2倍の金額の過怠税が課される。
  • 収入印紙が貼られていても、消印が押されていない場合は、本来の印紙税に加えて同額の過怠税が課される。
  • 過怠税は経費算入できない。

【補足2】印紙税は契約当事者のどちらが負担するの?

印紙税は、印紙税法では、課税文書の作成者が納税義務者となっています(印紙税法第3条)。

他方で、民法上は、契約の締結に要する費用は、当事者の双方が折半して負担することとされています(民法第558条第559条)。

このため、一般的な企業間取引で、契約書を2部作成した場合、収入印紙は、それぞれの当事者が折半して負担することが多いです。

ただ、1部しか契約書を作成しない場合の印紙税の負担や、注文請書の印紙税の負担については、どちらの契約当事者が負担するべきなのか、という問題点もあります。

こうした収入印紙の負担につきましては、詳しくは、次のページをご覧ください。

収入印紙・印紙税は契約当事者の誰が負担するの?

最終的な確認は管轄の税務署へ

印紙税の課税の判断については、最終的には、その事業者を管轄する税務署がおこなっています。

国税庁本体や、管轄の違う税務署でも相談自体は受け付けていますが、その相談の回答と管轄税務署との見解は必ずしも一致するとは限りません。これは、弁護士、税理士、行政書士などの専門家による回答も同様です。

このため、最終的に業務委託契約書が課税文書に該当するのかどうか、また、課税文書に該当する場合の金額はいくらなのかは、管轄税務署の担当官に実際に契約書を見てもらったうえで判断してもらいます(相談料等はかかりません。)。

なお、この際、契約内容によっては、ある程度判断が出るまで時間がかかる場合もあります。

このため、なるべく早めに相談するべきです。

ポイント

業務委託契約書に収入印紙を貼る必要があるかどうか、また、印紙税の金額の判断が難しい場合は、管轄の税務署に相談する。